■ プロフィール

potch

Author:potch
はじめまして!
オフィスオーガスタのメンバーが大好きです☆
よろしくどうぞ。

■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ カテゴリー
■ カウント

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

--/--/--//-- * --:--
■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2006/12/31//Sun * 18:13
■セルフライナーノーツ

デラックスに入会している中で、わたしにとっては一番嬉しい
コーナーかもしれないなぁ。
それがしんたくんの「トキタラボ」。
スキマのセルフライナーノーツのコーナーなのだけど、
毎回感心して、興味深く読んじゃってます。

セルフライナーノーツって普通のアーティストさんだと、曲の解説
が中心で、歌詞でどういったことを表現したかったかとか、こういう
イメージで曲を作ったとか、そのアーティスト自身が曲を作り上げて
いく中での意図や気持ちなんかを書いてくれるものだと思う。
もちろん、それがあるだけでも聴く側にとっては嬉しいこと。
アーティストさんの気持ちにほんの少しでも近づいて曲を聴くことが
できるしね。
でも、スキマのしんたくんのセルフライナーノーツはそれだけじゃあ
ないのですっ☆
その曲の中で、どういうアレンジをしたかったか、そしてそのために
どんな楽器のどんな音を使って、どんなミュージシャンの方にお願い
したか、(おまけにそのミュージシャンはどんな方なのか)その曲を
作成中どんな状況だったかまで事細かに説明してくれちゃっていて。
とにかく感心するばかりだよ。
こんなに詳細に教えてくれるアーティストってなかなかいないと思う。
もちろん全部の種明かしではなくて、その一部をほんの少しだけ教えて
くれているにすぎないんだけど。
そう、聴く側の想像におまかせしてくれる部分もあり、そんなとこも
尊敬しちゃう。
これを読んでからまた曲を聴くと、その曲の新しい一面が見えたり、
今まで普通に聴いていただけじゃ気付かなかった音やその効果に
気付かされたりして。
とにかく毎回楽しみにしている、スキマのこだわりが垣間みえる
いいコーナー。
早く「夕風ブレンド」のも読みたいなぁ~。
長文なので、しんたくんには頭が下がるばかりだ。
気長に待ちます!!

そういえば、スキマのツアー「夕風トラベル」のツアーロゴが
決まったみたい。(あれなのかな?)
白地に青というと、まさやんの「Transit Time Tour」を
なんとなく思い起こさせるのはわたしだけ?
今年は飛行船をモチーフにしたパンフになるんだって。
個人的にだけど、スキマの曲にはなんだか空が似合うね。




スポンサーサイト


2006/12/09//Sat * 23:12
■アルバム

「夕風ブレンド」聴いてました。
いいアルバムだなぁって思った。
すごく聴きやすい♪
アルバムってシングルになった曲とアルバム用の曲が入ってる
から、1曲1曲が独立しているように聴こえることが多い気が
するけど、このアルバムは全体が1つの流れになってるように
聴こえます。
その仕掛けがいっぱいされててすごいなー。
「ガラナ」→「スフィアの羽根」の間隔が短くなってたり、
「惑星タイマー」のOverture、「空創トリップ」→「ボクノート」
の流れもいいなって思って。
あっという間に流れに乗っちゃって、アルバムを聴き終えている感じ。
3枚のアルバムの中で一番すぐに馴染めるアルバムかも。。。
曲を聴いてると、ライブでの演奏も思わず想像しちゃうし!

シングルカットされていない曲の中でも、お気に入りの曲はこちら。
「ズラチナルーカ」
メロディーの流れがすごくキレイ♪
ライブでこのイントロ聴いたら、イントロだけで鳥肌立っちゃうかも(笑)
このピアノの旋律、卓弥くんの歌が入ってもしばらく続くんだけど、
メロディーが変化すると同じ旋律が変化して聴こえる。。。
歌い出しの声も卓弥くんの声に何か重ねてあるのかな?
エコーみたいな効果?
ちょっとミスチルを思わせるような声がステキなんです。
サビのメロディーへの移り変わりがいいなー。
抽象的なような情景描写からその場の空気を表すような歌詞も
好きだなぁ。
「さみしくとも明日を待つ」の歌詞みたいだね。
ライブでぜひ聴いてみたい一曲。

「アーセンの憂鬱」
前回のライブでタイトルも知らずに聴いて、心惹かれてた曲。
わたしは結構、卓弥くんの早口な歌が好きで(笑)
すごくリズム感がいいというか、こういうノリのいい曲をいい
テンポで歌ってくれちゃうところがスゴイ!
その音のリズムにちょうど歌いやすく練ってある歌詞の響きも
スゴイ。
だんだんと盛りあがりを見せるアレンジによって、気分も
ヒートアップ!
そうそう、“瞬間で掌底~”のしょうてい~↓の下がり方に
スキマさんらしさを感じてました。
ライブでもきっと盛り上がる曲になるんだろうな~。

ちなみに、タイトルでは「藍」が好き。
曲もやさしくていい曲なんだけど、一番好きなのはタイトルが「愛」
じゃなくて「藍」になってるところ。
「愛」っていうとなんとなく重くて紅い感じがするけど、「藍」だと
藍染めの色を想像します。
原色じゃなくて、使いこむ内に変化する色。
いいタイトルじゃあないですか☆




2006/12/03//Sun * 00:01
■PV

「アカツキの詩」
曲はCD発売前にちょっと耳にしてた。
「冬の口笛」みたいな感じのやさしい歌だなぁっていうのが
第一印象。
でもなんとなくインパクト薄いかな!?って気もしてた。
「ガラナ」とかけっこうインパクト大な曲だったからかな。
PVもCDのCMとしてワンカットだけテレビで流れてたのを、
今回はアニメなのかぁ。ふぅん。って感じで見流してた。

で、シングルを買ってきて。
DVDに入っていたPVを、初めて全部通して見たのです。
・・・すっかり気に入っちゃった!!
そのキャラクターのかわいさはもちろんなんだけど、何がイイ
ってそのアニメーションのお話の、ほんのりせつない感じが
好きだなぁって。
ロボットって感情がないような無機質なイメージだけど、
女の子のことを想う気持ちが行動やその回想シーンからうまく
伝わってきて、あったかい雰囲気と、なんか片想いの時みたい
な心がきゅぅってなるような感じを受けちゃう。
セリフなんて一切ないけど、スキマの歌がまるでセリフみたいに
ロボットの気持ちと重なってる。。。
このアニメーションのためにこの曲作ったのかな!?なんて思え
ちゃうほど(笑)

そのPVを見てから、この曲を聴くと自然とあのアニメーションが
わたしの頭の中に浮かんできちゃう。
あぁ、いいなぁぁってほんわかした気持ちにさせられてしまうの
です。
そんなわけで、この曲は映像と歌がほんとにうまく一緒になって
いて、いい相乗効果を生み出してるんだなぁ・・・。

そうそう。アルバム「夕風ブレンド」にも「アカツキの詩」アルバム
バージョンのPVがついていて、シングルのと同じかな?って思いきや、
若干違うんです!
この曲のアルバムバージョンは、シングルよりもアウトロが長く
なっているのだけど、その分アニメーションも長くなっていて、
シングルPVの続きがちょっとだけ付いているのです。
ニクイ演出だぁっ!!
それを見て、PVのせつない感じが少しだけ、救われた気がしたよ。
それだけ、長い年月想いつづけていたんだねぇ。。。






[TOP]
copyright (C) 2006 きままにっき all rights reserved. [ template by *03 ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。